UA-71773407-1

About the Website

“Tasty Love by Fiona. S”にようこそ!

 

“Tasty Love by Fiona. S”では「あなたのLoveをおいしく丁寧に伝える」をテーマに、Fiona. Sがあなたの大切な方々との愛情を育てるオーガニックフードとおいしいコミュニケーション法について発信しています。

 

この”Tasty Love”は2015年に『世界中の家庭料理に出会える、レシピのソーシャルブログ FOODIESレシピ』で、毎月掲載されたFiona. Sのコラムから誕生しました。コラムを通しLove Lifeがより味わい深くなる秘訣をご紹介してきましたが、みなさんに“愛を育てるおいしいコミュニケーション法”をもっとお伝えするためにオフィシャルサイトを翌年開設いたしました。

そして、2018年より更に内容を進化させ、あなた自身とあなたの大切な人(家族・友人・パートナー・ゲスト)がよりヘルシーで笑顔と愛があふれる日々がずっと続く、

 

♦ 食べた人が思わず笑顔になる料理

♦ 心と体がスッと癒される料理

♦ もっと自由に楽しめる ジャンルにこだわらない料理

♦ おしゃれでおいしい体にやさしい料理

♦    自宅でリピートして食べたい 安心で安全な料理

♦ 国際的センスあふれる おいしい演出

♦ 自宅で簡単にできるプロ並みの料理

 

を中心にご紹介しています。

世界のどこにいてもこれまでに経験したことのない愛情豊かなコミュニケーション体験があなたに舞い降りることでしょう。

また、私がご紹介するのは、おいしく新鮮な素材をたくさん取り入れた、フランス料理、イタリア料理、北アメリカ料理、日本料理がベースの”シンプル”、”きれい”、”おいしい”、”体にやさしい”お料理とスイーツです。

あなたのLoveは最高のスパイス!

あなたの心豊かで、末永く幸せなヘルシーライフのためにお役に立てれば幸いです。

 

Have a tasty love 💛

Fiona. S xoxo

 

~ Fiona. S Profile ~

 

子供の頃にアラブ首長国連邦で、そして大学時代をカナダで過ごし、多様な文化の中で成長しました。 Fionaという名前は、私の人生で大きな節目のひとつである5年間のカナダ留学生活でお世話になったカナダ人ファミリーから頂きました。 社会人になってからはヨーロッパ、アメリカ、アジアの各地を、プライベートとビジネスで幾度と訪問し、様々な文化の“スパイス”で日々刺激を受け続けています。 長きにわたり国内外を行ったり来たりしているうちに、ライフスタイル、コミュニケーション法、食文化、インターナショナルな人間関係、多種多様な人生観・価値観を学びました。 そして、日本の素晴らしさも確認しながらインターナショナルでもあり大和撫子でもある、2つのアイデンティティを軸に持つ女性となったのです。

「食」については、食べることだけでなく作ることでも祖父母・母から受け継がれており、その延長で社会人になってからプロの料理人である師たちのもとで長年にわたり本格的な欧米料理・製パン・製菓を学んできました。一方、不規則で多忙を極める生活から度重なる体調不良を経験し、近年は体にやさしい料理、心を癒す料理に関心を向けるようになりました。

自身のバックグラウンドと料理法で、国際的な”愛を育むお料理”、”愛情を表現する食コミュニケーション法”、”心に響くおもてなし法”、”自宅でつくる安全でおいしく体にやさしいなお料理”を提案しています。クッキングレッスンやプライベートワイン会、その他ワークショップやコラボイベント等で、目に美しい・食べて美味しい・心とからだが癒されるお料理をご提供し大好評をいただいております。

———————————————————————————————–

◇ ”国際的おいしいコミュニケーション Tasty Love by Fiona. S” 主宰  愛育オーガニック料理研究家

◇ ”Dear Japanese Food Lovers by Fiona. S” 主宰

◇ クッキングスクール “Atelier Liaison” 主宰

◇ Le Macaron YUKA. ディプロマ取得(2015年)

◇ 東京會舘クッキングスクール 製パン・製菓コース修了

◇ オーガニック料理ソムリエ

◇ スパイス&ハーブコンサルタント

◇ 食品添加物エキスパート

◇ キャリア診断士・キャリアトレーナー

◇ マドモアゼル・ルノルマンカードリーダー

 

 

 

 

 

掲載メディア:

FOODIESレシピ コラム「Tasty Love ~国際的女神ism フィオナ先生の、愛を育てるおいしいコミュニケーション~」
————————————————————————————————